葬儀の後飾りについて - 川越市で好評の葬儀社・葬儀屋

後飾りに必要なもの

後飾りに必要なものの写真

装飾品に何を置くかは宗教によって異なります。

仏式の場合、まず置くものは故人の似顔絵や遺骨です。これらは故人を偲ぶためのものなので、とても大切なものです。装飾品の飾り方は宗派や葬儀社によって多少異なりますが、一般的には装飾品の一番上に故人の肖像画を置くのが一般的です。遺骨は肖像画の真横や二段目に置かれることが多いです。肖像画の上に黒いリボンをかけることが多いですが、最近では黒い額縁に入れて遺骨を飾ることを選ぶ方も増えています。骨壷を裸のままにしておくのではなく、骨壷を包む袋の中に遺骨を納めます。同じ仏教の宗派でも、同じ土着仏教の中には位牌を使わない宗派もありますが、原則として骨壷の中に納めると考えた方が良いでしょう。しかし、装飾用の位牌で最も一般的なのは、漆塗りの位牌です。漆を塗り、金箔で装飾されていることが多いです。ちなみに現在では、見た目は漆塗りのものと同じですが、漆を塗らない塗料で作られたものが低価格で販売されています。これらの位牌はもともと木目の美しい木を使ったもので、黒檀などの素材を使ったものが多いです。白木位牌とは、その名の通り、手を加えていない白木の位牌のことです。黒く塗られていたり、濃い色の木で作られているわけではなく、白くてシンプルなものです。特に本位牌とは一線を画しており、仮位牌と呼ばれることもあります。彼らは故人の魂の一時的な住まいです。香炉、線香、線香立てを用意し、線香を安置します。葬儀の規模にもよりますが、通夜や葬儀、告別式では複数の香炉が置かれることもありますが、香炉は装飾のために1本だけ置かれます。葬儀社によっては、香炉を置く場合もあります。ローソク立ての上にローソクを置きます。ローソク立ては1本だけ置かれることもあれば、2本置かれることもあります。ローソク立ては1本だけ置く方が多いようですが、葬儀社によって違います。ちなみに、ローソク立ては四十九日目まではそのままにしておくのが正式な方法とされています。しかし、火を使う本物のロウソクを使うのはかなり危険です。どの会社も忌引き期間は1週間程度で、それを過ぎるとそれぞれが日常生活に戻ってしまうため、無縁になる可能性があります。そのため、実際には電気ロウソクを使用するか、日中誰もいない時にロウソクを消すのが一般的です。電気ロウソクを使用したい場合は、葬儀社に電気ロウソクを使用したい旨を伝えておきましょう。花瓶に生花を入れて、故人を慰めるようにしましょう。葬儀直後であれば、葬儀でもらった花を花束に入れて持ち帰ることが多いでしょう。その後は、花屋さんなどで買った花をその都度入れることになります。仏事の場合は白菊が選ばれることが多いですが、故人が愛していた花があれば、それを飾るのも良いでしょう。また、花瓶に入った生花を祭壇に飾るのが一般的ですが、祭壇に収まりきらない場合は、左右どちらかの床(または床の上の台)に置いても良いでしょう。鐘や鈴の棒も祭壇の上に置くようにしましょう。また、お供え物を祭壇の上に置いて後飾りにすることもあります。茶道具(ちゃとうき。 茶器、さとうきとも呼ばれています。ただし、スペースの問題もありますので、調整したり、葬儀社のスタッフに相談したりすると良いでしょう。仏事における白木の位牌と同じ意味を持つ。特に御霊御霊台(ごれいごりゅうだい)と呼ばれることもあります。神道の葬儀では、榊は非常に尊ばれています。通夜や葬儀、告別式の場合、祭壇は榊で作られることが多い。そのため、榊は後飾りにも使われます。ただし、神前式では生花を使用してはいけないという決まりはありません。祭壇の上部は榊で飾りますが、側面は生花で飾ります。さんぽは「さんぽ」と読みます。これは新撰組のことで、神様にお供えする食べ物や飲み物を置く台のことです。その上に、酒や塩水、洗った米などが置かれています。酒は徳利に、水は水玉に、米と塩は皿に載せます。また、奉納袋も2つ用意されています。玉串法要とは、神道の葬儀で線香を供える代わりに行われる儀式です。これは、独特の形をした紙を榊に貼り付けたものです。これを後飾りの上に置くこともあります。

川越市の家族葬で好評の葬儀社グランドセレモニー