葬儀の後飾りについて - 川越市で好評の葬儀社・葬儀屋

白木位牌とは?

白木位牌とは?の写真

白木位牌とは、葬儀の際に使用する白木位牌のことです。

本位牌とは区別され、仮位牌と呼ばれています。野立牌とも呼ばれています。本位牌を作る前には、原則として白木の位牌を使用します。しかし、この白木の位牌は通夜や葬儀、告別式などでも使用されますので、葬儀に列席したことがある人なら誰でも一度は目にしたことがあるでしょう。また、白木の位牌は装飾用の祭壇としても祀られています。この位牌には故人の霊が安置されており、故人の戒名も書かれています。白い木のお位牌が2つ用意されていることもあります。片方は焼いたり、埋葬したり、故人の命日の後に墓地に安置したりすることができます(もう片方はお寺や仏壇屋さんが炊き上げてくれるのが一般的です)。本位牌は2週間程度で作れると思っておいた方が良いでしょう。しかし、本位牌ができたらすぐに白木の位牌を処分する人は少ないでしょう。一般的に、本位牌は四十九日を過ぎてから使うべきではないとされています。つまり、装飾品が取り除かれた時点で、白木の位牌から本位牌に故人の霊が移ってしまうと考えられています。四十九日法要の一環として、白木の安置位牌から故人の魂を取り除き、本安置位牌に移す儀式があります。位牌には様々な種類がありますが、最も一般的なのは金色のレタリングが施された漆塗りの位牌です。黒檀などの木材で作られたものもあります。また、現在では現代の位牌と呼ばれているものもあります。クリスタルタブレットやカラータブレットも登場しています。これらの位牌は、日常生活のインテリアに溶け込むことを目的としていますが、故人が生前におしゃれをしていた時と同じように扱われたいという方にとっては、選択肢の一つになるでしょう。

川越市の家族葬で好評の葬儀社グランドセレモニー