葬儀の後飾りについて - 川越市で好評の葬儀社・葬儀屋

お供え物

お供え物の写真

お供え物といえば、宗教によって分けて語られることはほとんどありません。

しかし、一般的には花を飾ることが多いです。神前式の場合でも、花を飾ってはいけないという決まりはほとんどなく、実際に神前式の葬儀を選択した家庭では、祭壇の左右に花を置いておくケースもあります。また、特にキリスト教の場合は生花が使われています。祭壇の上に置くのであれば、花瓶に入るくらいの大きさか、小さめのものが良いのですが、横に置くのであれば(部屋が広ければ)多少大きめのものでも構いません。葬儀用の花は、白菊や黄菊などがあります。後付けの花は、葬儀で使用した供物から摘み取ったもの(より正確には摘み取った供物を花束にしたもの)を使用することが多いです。ただし、後生花に使用する花は、葬儀の際に使用する花よりも少し派手なものでもよいというのが一般的です。そのため、デンファレやピンポンマムなども使われます。また、紫などの少し寒色系の色を入れることもあります。最近では、葬儀の場でも、故人の好きな花で祭壇を作り、故人の好きな花で供養するという考え方が出てきています。葬儀の場合でもそうなので、自宅に飾る後飾りの場合はさらに自由度が高くなっています。故人の愛用していた花を四十九日目まで飾ることもできます。しかし、お花は傷んでしまうと落ちてしまいます。また、色あせてしまいます。例えば、後飾りに時間を割くことができない場合は、手間のかからない花を選ぶと良いでしょう。また、最近ではプリザーブドフラワーを選ぶご家庭もあります。確かに、故人は生前と違って物を食べることができません。しかし、香りを伝えることはできますので、故人の遺影にお線香を供えるのもそのためです。また、故人の好きな食べ物を故人に供養することは、遺族にとっても意味があります。そのため、故人にはお米や水を供養することが多いです。ちなみに、この時に供える食べ物は、飾り用に個別に調理したものではなく、家族が普段食べているものと同じものにしましょう。ただし、朝一番に炊きたてのお米をお供えする家庭もあります。また、朝一番に汲みたての水をお供えする家もあります。ちなみに、この時に出されたご飯は、すぐに下ろして家族みんなで食べることができます。ただし、しばらく置いておく家庭もあります。

川越市の家族葬で好評の葬儀社グランドセレモニー