葬儀の後飾りについて - 川越市で好評の葬儀社・葬儀屋

後飾りとは?の写真

後飾りとは?

祭壇の後飾りのことを、自宅飾り後飾りと呼ぶこともあります。

中陰壇とも呼ばれます。しかし、関西では「中陰壇」という表現が一般的です。「中陰」は仏教用語なので、キリスト教ではこの表現は敬遠されることが多いです。後飾りとは、火葬後の遺骨を安置するための祭壇のことです。通夜・葬儀・告別式の祭壇は葬儀場に飾られますが、後飾りは火葬後に遺族の自宅に安置されます。祭壇は2段または3段になっており、白木で作られています。他の素材で作られている場合もあり、その場合は白い布をかぶせるのが一般的です。ただし、白木に白い布をかぶせる場合もあります。仏壇の奥には様々な種類の仏壇が置かれています。一般的には仏壇の代わりに使用されることが多く、設置されている場合は、後から訪れた喪主もそこに手を置くことになります。

現在では、葬儀社を通じて葬儀を行うことが多いでしょう。その場合、葬儀社が中心となって後飾りを設置することになります。この装飾は有料のプランもあれば、プランに含まれているプランもあると言われていますが、私の経験では後者の方が多いようです。また、家族葬や一般的な葬儀の場合は、死後の装飾がプランに含まれていますが、火葬式の場合(直葬とも呼ばれています。葬儀社のプランに含まれている場合はそのまま利用することができますが、有料オプションの場合は自分で購入することができます。また、祭壇はあくまでも仮のものなので、レンタルするのも一つの方法です。人によっては処分する必要がないので、精神的な抵抗を感じずに済むので、より良い選択肢になります。

最近では、後付けの装飾品にもオリジナリティが与えられているものがあります。これらを利用したい場合は、必ず葬儀社に相談するようにしましょう。葬儀社が対応してくれない場合は、自分で手続きをしなければなりません。

川越市の家族葬で好評の葬儀社グランドセレモニー